水商売 審査

水商売の方々の利用可否ってどう!?

水商売の女性

 

水商売をやっていると、時として世間から偏見を持たれることもあります。

 

例えばですが、賃貸の住宅の契約をするために、不動産屋さんに足を運んでみると、職業が水商売だからという理由だけで契約ができないと言われることが挙げられます。

 

では、消費者金融の利用については、水商売であれば利用に制限がかかるか、あるいは利用そのものが断わられてしまうようなこともあるのでしょうか。

 

 

実はそんなことはありません。

 

というのも、消費者金融の利用に際しては、水商売だから利用できないという規定はないからです。

 

職業が何であれ、雇用形態がどうであれ、毎月収入を得ることができていることが条件となるのです。

 

水商売も毎月の収入をきちんと得ているのですから、消費者金融に申し込む資格は十分にあるのです。

 

また、審査の段階でも、職業が理由で断わられることはほとんどありません。

 

もし審査の結果が思うようにならないのであれば、借入状況や毎月の支出の状況など、他の原因が考えられるのです。

 

そのように考えると、職業が水商売だからという理由だけで、利用に関して後ろ向きに考える必要はないのです。

 

また、水商売を複数掛け持っている場合は、全ての収入を合計して申告して良いですし、水商売以外の仕事をしているのでしたら、その仕事から得ることのできる収入を合算して大丈夫なのです。

 

審査の際は、仕事内容によって卑下する必要はなく、事実に基づいて申告すれば良いのです。